たんぽぽばたけをあるこうよ
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル たんぽぽ(♀)とアルフォンス(♂)の成長記録

プロフィール

かか

Author:かか
いっしょにたんぽぽばたけをあるきましょう。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地元散策―思い出と共に―①

地元というか、もう、私にとってはふるさととも言える場所へ、数年ぶりに行ってきました。

最寄駅から、一代目ワンコの恵瑠が事故死した場所までゆっくりゆっくり河川敷を歩きました。

ここは幼少時代、親子で遊びに来た場所であり、
少女時代、ワンコとお散歩した場所であり、
学生時代、マラソンコースだった苦い(笑)場所でもあり・・・。

大雨で川の水があふれそうになった思い出や
ダンボールの切れ端で土手滑りを楽しんだ思い出や
ワンコ達と一緒に駆け回った思い出などが沢山。

山より、海より、私は今でも川が大好きです。


私が住んでいた頃は、こんな風に整備されていなかったなぁ。。。
ところどころにこうした休憩所やトイレを設置しているみたいです。
0927-1.jpg


ただし、草はボーボーです(笑)
0927-2.jpg


今はもう、廃校となってしまった母校(小学校)
ブラスバンド部に所属して、5年生で指揮者、6年生でトランペットを担当していました。今でもいい思い出です。いつかコスを引退したら、また音楽を始めたいな。
0927-3.jpg


小学校へ通うために通った歩道橋。小さな体に大きなランドセルを背負って、50段を上るのは大変だった。
0927-4.jpg


恵瑠の事故現場。たったひとりで、どんな最期をむかえたのか・・・。今でも苦しくてたまらない。強くて優しい男前な子だった・・・。
0927-5.jpg


恵瑠、あなたがここで最期に見た空は、どんな空だった・・・?
0927-6.jpg


事故現場からは、母校(中学校)が見える。毎月あなたの命日には、ここを通って帰ってきたっけ・・・。通学路でないここを通るのは、私が犯した唯一の校則違反だったのよ。
0927-7.jpg


少し視線をずらすと、ここは、毎年大きな花火大会が行われていた場所。バブル崩壊とともにその花火大会はなくなってしまったけれど、自宅から目と鼻の先で上がる花火の大きな音に、どのワンコ達も一生懸命吠えていたっけね。だけど地元で一番の大きな大きな自慢だった花火大会。もう、二度と復活してくれないのかな。
0927-8.jpg



いつも当たり前にあった場所は、離れて暮らす今、切ない切ない宝物。少しずつ変化して行く町並みに、また寂しさを感じてしまうけれど、きっと今ここに暮らす人たちの大切なものが詰まっているんだよね。

叶うことならば、帰ってきたい、この町に。
大好きな大好きなこの町に。

でも、今一番の大好きは、この町にないから。
私は、今住む町で一生懸命生きていく。
夫と二人で、ぽぽとアルを守って生きていく。

失ったものは二度と戻らなくても、手に入らなくても。
もう二度と、後悔はしたくない。失いたくは無い。

これからも、ずっと、見守っていてね。
これからも、ずっと、愛しているからね。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


明日は地元でほっこりと。

明日は地元へ半日里帰りです。
今はもう実家はありませんが、それでも私にとってのお里は、あの町。

たまたま、地元の隣の市で、ネットの知人の方が個展を開かれるというので、親友を誘っていくことにしました。

個展会場近くで親友と落ち合うまでの時間は、私のほっこりタイム。
懐かしのバスを使って、そして懐かしの場所を歩きながら、家族や動物達と過ごした場所を巡ってきます。

もちろん・・・ワンコ達の事故現場や、埋葬場所のお参りも。
地元に住んでいたときは、必ず月命日にお参りをしていました。

私の旅行中、誰にも見取られず事故にあってしまった・・・恵瑠 1歳半
※名前の由来 恵まれる宝石
自宅の目と鼻の先で事故にあった・・・リッキー 8ヶ月
※名前の由来 恵瑠の死を受けて、力強く生きて欲しいの“力=リキ”より

その他にも沢山の子達と過ごしたあの町。
「今も変わらず愛しているよ」
と、伝えてこようと思います。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


アル、2年目♪

9/13に家族になって2年目のアルを、お祝いしましたー。
夫の仕事の関係で少しズレてしまったけど、いいんです、ようは気持ちです!

20080917-1.jpg
今日は(我が家的)ご馳走~。
ご飯は手作り。鳥胸肉、ピーマン、トマト、キャベツ、サツマイモ
ロールケーキは市販の物です。人間用なので、少しだけね。
(もちろん残りは私が食った♪)

20080917-2.jpg
食が細いアルも、食べる食べる!
必死です。

しかしそのときすでに・・・

20080917-3.jpg
早くもぽぽは、ケーキを完食しておりました・・・
さすが我が家のギャル曽根(笑)

20080917-4.jpg
食事の後は恒例の記念撮影。
すでに眠くなったのか、ぽぽのテンションが低い。

20080917-5.jpg
「もうちょっと食べたかったワ。」
とりあえずご満足なぽぽ姉ちゃん。

20080917-6.jpg
「撮影嫌いアル。もう寝るアルー。」
はいはい^^

アル、2年目おめでとう。
うちの子になってくれてありがとう。
来年も再来年もずっとずっと1日でも長く一緒にいようね。

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット


ブラタンちゃん、家族の元へ。

先日記事にした、ショップのブラタンの子ですが、無事新しい家族の元へ旅立って行ったようです。
ボランティアでもなんでもなく、ただただ私のエゴとも言える願いに、沢山の方が温かい意見を下さったり、ブラタンの子を迎えるために検討をしてくださったり、そんな中、無事旅立ったとの知らせが入りました。

キャバリアというマイナー犬種の7ヶ月の子を、安価とは言え迎えてくれた方です。きっときっと幸せにしてくれると思います。

最前線で活動されているボランティアの方の足元にも遠く及ばない、勝手な思いと行動で、まぁ、結局私の行動無くしても、幸せな未来を手に入れたブラタンちゃんではありますが、いつか必ず命のリレーに参加したいと思っている私にとって

「この国は動物に優しい国とは言えないけど、人って捨てたもんじゃないんだ」
と改めて自身を与えてくれた出来事でした。

ここ数日、あの子のことが頭から離れず、最終的には夫をねじ伏せてでも(笑)と思いをめぐらしていました。今は嬉しさ99%、寂しさ1%です。・・・はは、勝手ですね^^

このブログでも本当に温かいお言葉をいただいて、どれだけ救われたことでしょう。
また、こうしてよい結果をここに記すことができ、まさに感無量です。

まだまだ沢山の“悪戯に奪われなくて良い命”が、悪戯に奪われていっている世の中ですが、私に出来ることをこれからも見つけていきたいと思います。

0より1
やらない善より、やる偽善←これは漫画の受け売りですが;
をモットーに生きていこうと思います。

ブラタンちゃん、絶対に幸せな一生を過ごしてね!!

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット


あーたん2年目!!

今日も暑かった~。日が落ちた今も、涼しいとは言いがたい・・・

今日はぽぽとアルを美容院に連れて行きました。
爪と足先周りの毛のカットをして、可愛い~あんよになったよ~
でも、実は美容院は“ついで”で、ブラタンちゃんの写真を撮りに行ったのだ!
撮影の為にゲージから出してもらったんですけど、これがもう可愛いのなんのって!!キャバリアらしく元気で人懐こくって・・・できることならあのまま連れて帰りたかったです。

さて、今日はアルが我が家に来て2年の記念日です。すっかり大きくなったアルですが、相変わらずのビビリ・・・もうこれは個性としか言いようが無い。

Image138.jpg
※お気に入りの場所で涼み中


せっかくの記念日なのに、夫は週末もずっと仕事。お祝いは来週の水曜日かな~。
またケーキでお祝いしようね←一番食うのは私だが。




テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット


売れ残っているブラタンの子。

コーナン ぐりーんうぉーく多摩店にペットショップコーナーがある。
そこに1/26生まれのキャバリア(ブラックタン)の子が、まだ売れ残ってしまっている。

珍しい毛色のブラタンは、幼犬の頃、キャバリアにしては高額で、売れ残り
今に至ってしまっているのだろう。

現在の生体価格は3万円。
端正な顔のハンサム君で、涙やけもなく、健康そうだ。

コーナンに行く度、そのこがどうなったのか気になっていた。
でも、昨日もまだそこにいた。

何度も考えた。
この子を連れて帰れないかって・・・。
でも、どうしても、3匹目というのは難しかった。
現在2歳半のたんぽぽ、2歳のアルフォンス。
さらに半年のこの子となると・・・今は大丈夫でも、
将来3匹が老犬になったときのことを考えると・・・とても厳しい。

でも、このまま売れ残ってしまったら・・・この子の未来は・・・?
そう考えると胸が苦しい。

もちろん、世の中売れ残る子はこのこだけではない。
でもどうしても、キャバリアを贔屓目で見てしまう私が、
売れ残っているこの子を、見つけてしまった・・・見続けてしまった・・・。

やっぱり何もできないのかな・・・。

今後、売れ残っている子を見つける度に、全部の子を引き取ることもできない。
そんな私が、この子だけどうにかしたいと思うのも、間違っているんだよね・・・。

でも、目に焼きついて離れない。

いろいろ考えた挙句、1つの案を夫に相談してみた。

この子を購入して一時預かり先となり、里親さんを探せないか。

もちろん、普通はペットショップから購入しての里親探しなんてありえない。
それはわかっている。

それは間違っているのかもしれない。
まして、里親探しを個人でするなんて本当に大変だろう。
それでも・・・それでもどうしても・・・夫に相談することを止められなかった。

だけど・・・やっぱり夫の答えはNO
もし里親が見つからなかったらどうするのか。
一生飼い続ける覚悟がなくちゃ、連れて来られない。

・・・わかってる。あなたの言ってること。
すごく正しい。私もそう思うもの。
一生懸命里親を探しても、絶対見つかるって保障はないものね。
わかってる。。。

でも、あの子の顔が・・・頭から離れない。
どうか幸せになって欲しいと、願うことしかできないのかな。

わかってる。今そばにある二つの命を全力で守ることが、
今の私にできる最大のことなんだって。
それが最優先なんだってことも。

・・・でも私は、また・・・
ネットで見つけるブリーダー崩壊の事件のように・・・
幸せを祈ることしか出来ないのかな。
悔しい。もどかしい。

ブラタンのあの子に、早く良い飼い主さんが見つかりますように。
早く広い野原で、駆け回れる日が来ますように。

祈ることしか出来なくって
本当にごめんね。。。

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット


ブリーダー放棄のキャバリア(宮崎県)

mixiの記事で見つけました。
ブリーダー放棄のキャバリアを複数保護されているそうですが、
9/27までに里親が見つからないと、処分されてしまうようなのです。

詳細は、下記「ひまわりの家」に掲載されています。
http://himawarinoie.miyachan.cc/


・・・いつも私こんなことくらいしかできませんが・・・
それでもと思い書いています。
よろしければ、皆様のブログでもお知らせしていただけるとうれしいです。

みんなに幸せな未来が待っていますように・・・!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。