たんぽぽばたけをあるこうよ
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル たんぽぽ(♀)とアルフォンス(♂)の成長記録

プロフィール

かか

Author:かか
いっしょにたんぽぽばたけをあるきましょう。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


訃報・・・

キャバズ以外のご報告で失礼致します。

かねてより闘病中であった実父が、1月13日に他界致しました。
末期の大腸癌でしたが、痛みにもがくことなく、眠るような最期でした。

偶然、私達子供3人が病室に集まっていた中、本当に突然、あっという間に息を引き取りました。
亡くなる数分前まで意識はあったと思います。
きっと、子供全員が集まっていたことで、安心したのでしょう。。。

実は、多くの動物達と暮らしてきた私も、まさに死のその時を見守るというのははじめての経験でした。
今も脳裏にやきついて離れません。でもこれは、きっと幸せな記憶となるのでしょうね。

実家へはぽぽとアルも連れて行き、骨になった父の前でぽぽとアルも一緒に、冥福を祈りました。

闘病中、
「ぽぽとアルは元気か?」
といつも気にしてくれていた、父。

私に一度たりとも
「犬より子供を作れ」
と言わなかった父。

きっと今は、先に旅立った先住犬達に囲まれ、大好きなお酒を飲んでいることでしょう・・・。

息をひきとる瞬間
焼き場に入っていく瞬間
骨になった瞬間
墓に入れる瞬間

こんなふうに、こんなに泣けるのかと思うほど、悲しかった。
父の大好きだった畑に足を踏み入れた時、嗚咽を抑えることが出来なかった。
埋葬するお墓では、生前父と一緒に墓掃除をした思い出が蘇える。
一緒に、おじいちゃんのお墓参りに何度も来たね。
昨年の夏に来たばかりだった。
その墓に、、、お父さんも入ってしまう時が来たんだね。

お墓には、おじいちゃんと、叔父さんが入っていて、お父さんで3人目。
3人ともお酒が大好きだったね。
初七日には、ワンカップを3つ供えました。
今夜は、宴会だねって。

実はまだあまり実感がなくて、実家に帰ったらお父さんがいる気がする。
いつもの場所、いつもの座椅子でTVを観てるお父さんがいる気がする。

でも、そんなふうに思っていたら、きっと天国へはいけないだろうから。
もう、認めなくちゃね。

お父さんは、死んだんだよって。

人も、虹の橋を渡れるのかな。
何十年か先、虹の橋の上で・・・
また、出逢える日を楽しみに。

さようなら、お父さん。

そして、今までご心配くださった皆様にも、厚く御礼申し上げます。
当たり前の事だけど
今、当たり前に存在してくれている大切な命を
お互い、大切にしましょう。

年明け早々、暗い日記ですみません。
今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

何と言葉をかけて良いのか…
暫くはお忙しい日が続くと思いますが、お身体大切になさって下さい。
【2008/01/27 15:14】 URL | おばちゃん #FOTi0RoY[ 編集]

お久しぶりです!コメントありがとうございます。
長く別居していたせいか、父がいないということがまだ半信半疑な感じです。でも実家のある“宮城県”が、例えばTVなどで流れると、辛いです。今まで気にしていた地震速報とかも「ああ、もう気にしなくていいんだ・・・」って切なくなります。でも不思議ですね、それ以外は今まで通り元気に幸せに暮らしています。徐々に、父がいない生活も“当たり前”になっていくのでしょうね。
【2008/01/27 16:59】 URL | かか #-[ 編集]

かかさん・・
言葉にならなくて・・ごめんね。
お父さん頑張ったですね。

またいつの日かお父さんに会えると・・・☆
そう信じて・・・☆

お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
【2008/01/28 00:21】 URL | れい #-[ 編集]

お父様の御冥福をお祈りします。

こちらに訪問するたびにかかさんのことが気がかりでした。どう声をかけていいかわからず、大変失礼をおかけしました。

アル君とぽぽちゃんのことを気にしてくれたお父様。
大事な家族と思っていたからの言葉と思います。

これからは天国でかかさんたちを見守られるお父様。
こころのなかでずっと生きていると思います。

うまく伝えられなくてごめんなさい。
しばらく忙しいかと思います。
お体のほう大事になさってくださいね。
【2008/01/28 09:21】 URL | sandy #Fjqb2npw[ 編集]

お父様のご冥福をお祈り致します。
ずっとお父様のこと、園遊会の頃からお父さんの事お伺いしていたので、気になっていたのです。
かかさん、色々気持ち的にもお辛く大変だと思いますし、やる事も多いかと思いますが大好きなぽぽちゃんとアル君もいますからどうかお体には気をつけて下さいね。ご自愛ください。
【2008/01/28 21:21】 URL | ishimin #-[ 編集]

お父さまの御冥福をお祈り申し上げます。
私の父も虹の橋を渡っています。
すぐには受け入れられませんでしたが、あれから七年、いまでは父ならこんな時はこう言うだろいなとかって思い出すようになってます。
そう思えるようになるには時間が必要ですが、くれぐれも体を大切にしてくださいね。
【2008/01/29 00:04】 URL | MIRU #8iCOsRG2[ 編集]

>れいさん
父の冥福を祈ってくださってありがとうございます。
父は凄く頑張ったと私も思います。本当に最期まで一生懸命私達を見つめていましたし・・・。でもこうして悲しい別れを沢山すると、いつか自分が天国に行くのが少し楽しみになったような気がします(もちろん、遠い未来であって欲しいですが;)天国が本当にあるといいなぁ・・・。

>sandyさん
父の冥福を祈ってくださってありがとうございます。
sandyさんも大変な最中、温かいお言葉をありがとうございます・・・。私達夫婦以外の家族で、一番ぽぽとアルを気にかけてくれていたのは父でした。この子達がいると思えば頑張れるし、笑顔になれます。他にもsandyさんのように私を支えてくださる方も沢山いて・・・幸せです。sandyさんもお体を大切になさって下さいね。

>ishimin さん
父の冥福を祈ってくださってありがとうございます。
何度も入退院を繰り返し、その度に医師の予想を覆してきた父でしたが、今度ばかりは覚悟をしていました。でも、命がつきるというのは不思議なものですね。。。だけどこの経験のお陰で、いつかくるぽぽとアルとのお別れも、今まで以上にちゃんと受け止める覚悟が出来た気がします。。。

>MIRUさん
父の冥福を祈ってくださってありがとうございます。
MIRUさんのお父様も虹の橋を渡られたのですね・・・。今まで当たり前だった存在がいなくなるというのは、不思議な感じがします。半信半疑とでもいいましょうか・・・。受け入れられるまでに何年かかるかわからないですが、私は1人じゃないって思えるので、きっと大丈夫です!!
【2008/01/29 09:43】 URL | かか #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://popoal.blog75.fc2.com/tb.php/129-565bb5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。